リース契約でお得にコピー機を使おう

コピー機と言えば今ではどのようなオフィスにもあって当たり前の設備となりました。

しかしこのコピー機と言う機械は非常に便利なものではありますが、実際に購入して設置しようと思うと何かと不便なものであることが分かります。まずはそれなりに大きな初期投資が必要になりますし、消耗品の手配などを考えると結構なコストを意識しなくてはなりません。そのためより効率的な運用方法としてリースが検討されるケースが増えてきています。このリースという仕組みのメリットはまず第一に初期投資が不要であるという点にあります。

所有権を持たずに使用できることからコピー機のレンタルの様に考えている人もいますが、新品を導入することが出来るという点でレンタルとは異なります。またコピー機の場合に必需品となるトナーについても魅力的な仕組みを提供してくれているケースが少なくありません。コピー機のリース契約の際にカウンタ料金制を提案してくることがあるのはその代表例であると言えるでしょう。

カウンタ料金と言うのは一枚のコピーに対していくらと言う単科契約のことを意味する言葉であり、導入する企業側としてはコスト計算が非常にしやすいために便利な仕組みであるということが出来ます。非常に印刷面積の多いコピーであったとしても、一文字のみのコピーであったとしても、同じ1枚としてカウントされるためにべた塗りに近いコピー内容が多い場合にはお得な契約であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *