コピー機のリースを選ぶポイント

オフィスはもちろん、スーパーやコンビニなど目にしない日はないぐらいに普及されているコピー機&複合機ですが、いざ導入となれば迷ってしまうもの。

コピー機の種類はもちろんのこと、リースにもさまざまな料金やプランがあるため、ポイントをおさえて賢く選びたいですね。ポイントとして、まずはメインであるコピー機の進化です。時代を追うごとに目覚ましい進化を遂げていますが、最近ではペーパーレス化が進み、紙を極力使わないで済む高性能なモデルがたくさん登場しています。スキャナによる読み込みや、書類データから直接オンラインでコピー機に送信しそのままFAX送信できるPCFAX機能など、こういった最新の技術が採用されたものは便利で経費削減に繋がります。

次に、リース費用に関してです。見落としがちなのはランニングコストで、基本料金やカウンター料金、紙代やトナー代を含めた金額を月額として計算していないと、機器の安さだけで契約すると痛い目をみます。特にカラー原稿を良く使用するオフィスでは、モノクロは安いのにカラーは割高というプランもあるので注意してください。そして、細かい箇所ではありますがサポート体制に関してもチェックしましょう。

コピー機のリース導入の際、メンテナンスや修理などサポート体制には2種類あります。機器のメーカーの社員が行うメーカーメンテナンスと、リース会社が行う自社メンテナンスです。メーカーの場合は機器を完全に把握しているため技術に優れ、自社の場合は個別の対応や臨機応変さに富んでおり、よりオフィスの立場に立ってサポートしてくれます。状況や使用機能などによってチョイスするのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *