リースなら最新鋭のコピー機を導入出来ます

コピー機のリースの仕組みと言うのは、導入する企業がリース会社に希望のコピー機を依頼すると、リース会社がメーカなどから対象の機種を購入します。

購入したコピー機は、依頼先の企業に対し、所定の契約を結んだ上で貸し出しと言う形で利用を続けることになります。導入をした企業は、毎月レンタル料となる費用をリース会社に納めて行くのが特徴ですが、一般的に知られるレンタルとの違いは、契約期間が満了になった時など、無償でOA機器が提供される場合も有れば、リーズナブルな価格で買い上げが出来ると言う点です。

無償での提供の場合、買い上げの場合など、導入した企業にとっては資産計上が出来るなどのメリットが有ります。これに対し、レンタルの場合はレンタル料金を支払って利用していく形になりますが、契約期間が終了となった時には、OA機器を返却する形になるのが特徴であり、これがレンタルとの大きな違いでもあるのです。また、レンタルとの違いとして、希望の機種の中でも新製品を導入できると言う点も挙げられます。

レンタル品の中にも新製品は有りますが、新製品などはある程度利用している製品と比べると割高になると言われているのです。新製品になるほど、多機能の製品が多くなる代わりに、レンタル料が高くなる事からも、予算的に合わない場合などでは、グレードを落として導入する形になります。しかし、リース契約の場合は新製品をメーカーから購入をして貸し出しを行っているため、最新鋭のコピー機をオフィス内に導入できると言うメリットが有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *