コピー機のリースをするには

営業所などを運営する際には、コピー機などの様々な事務機器を利用することになります。

これらの機器については、自前でそろえるのが簡単ですが、新しく購入するとなると、それなりの費用がかかります。この点、新品ではなく中古の機器を購入すれば、それなりに費用を抑えることはできます。一方、事務用の機器については、一般家庭で使用するものに比べて、使用頻度が多いので、メンテナンスの必要性も大きくなります。

これは、新品であっても中古であっても同様です。また、機器自体が劣化した場合、自前でそろえたものだと、それを処分して、また新しく購入する必要があります。そこで検討したいのが、リースの利用です。例えばコピー機では、メンテナンス費用を含めて、月々の費用負担で、機器を利用することができます。

コピー機では、トナーなどの定期的な交換が必要になりますが、これはリース契約のメンテナンス費用に含まれていることが一般的です。また、機器の劣化やモデルが古くなった際には、現在使用しているものを回収して、新しいものをリースしなおすことができます。

この際、同等の機器であれば、月々の費用負担はほとんど変化が無いことが多いものです。費用負担について考えると、自前でそろえるのとどちらが有利であるかは一概には言えません。ですが、使用頻度などから検討して、より経済的な方法を選択することで、営業所全t内の運営費用を見直すことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *