コピー機はリースにした方が便利

今はどんなオフィスにでもコピー機は必須ではないでしょうか。

コピー機でなくとも複合機でコピー・FAX・スキャンまでこなしているところもあるかと思います。コピーさえできればいい、というオフィスもあるでしょう。コピー機や複合機を導入するにあたり、購入するか、リースにするか、最初はとても迷うことだと思います。購入する際の一番の利点は、月々の料金を支払う必要がなく、会社の資産として運用できるという点にあります。

リースにする利点は、定期的にメンテナンスを行ってくれることや、壊れた時に修理を電話一本で無償で行ってくれること、リモートコントロールサービスに入ればトナーやインクが切れた時に届けてくれる(こちらで買いに行く必要がない)こと、買い替えをせずとも最新の機種を使用することができること、にあるでしょうか。契約内容にもよりますが、リースにした方が便利かと思います。

ただ、土日休みの会社ならいいのですが、休みが不定休だったり、土日が出勤の会社であればリースにも注意が必要です。壊れて修理が必要な時に土日祝日は対応が不可能であることがあるからです。肝心な時に使用できない、なんてこともあるかもしれません。コピー機はオフィスにはなくてはならないものです。リース契約しているからと普段の扱いを雑にしてしまったり、乱暴に扱ったりすると、いざという時に大変なことになってしまうかもしれません。コピー機ならずとも物は大切にし、会社の利益を守っていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *