コピー機をリースで導入するメリットとは

オフィスの中で欠かせないOA機器と言うとパソコンやコピー機、複合機などになります。

複合機はコピー機能、ファックス機能、スキャナー機能、そしてプリンター機能と言った4つの機能を持つOA機器で、1台で4つの機能を持つ事からも企業の中で導入されているケースが多く在ります。

しかし、ファックスやプリンターなどは既に用意されており、スキャナーについては利用頻度が少ない事からも不要と言った場合など、複合機では機能の無駄遣いになってしまう事もあり、この場合はコピー機を導入する事で複合機を導入した時と同等の業務を可能にしてくれます。尚、OA機器を導入する時にリース会社を利用してOA機器をオフィス内に導入するケースが多く在ります。

コピー機などの場合、フルカラー印刷対応機ともなると、1台数百万円と言う金額になり、予算が無い事からも導入が出来ないと言うケースも有ります。また、導入するにあたり、購入する予算が足りない場合などでは銀行などの金融機関からの融資を受ける事で導入が出来て気も、融資を受けられるまでには時間がかかりますし、直ぐに導入したい場合などでは不便な物となってしまいます。その点、リースはリース会社が新製品をメーカーから購入をして、月々一定額を支払う事でレンタルと同じような形でコピー機を導入する事が出来ますし、リース契約を交わす事でまとまった資金を金融機関からの融資を受けずに導入する事が出来るなどのメットも有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *