コピー機はリースor購入

どこの会社や施設でもコピー機は必要なものです。

業務用のコピー機・複合機は今やリースが一般的です。しかし、リースを導入する際にメリット、デメリットを自社の運営状況と考え合わせているでしょうか。何も考えずに、当たり前のように決めていませんか。また逆も然りです。品物は購入が常識だという考えの方もいらっしゃるでしょう。では、コピー機のリースの特徴をみていきましょう。まず、大きなメリットとして毎月の支払を経費扱いにできます。月額が固定されているのでランニングコストが把握しやすく、また所有権はリース会社にあるので面倒な事務処理は必要ありません。そして、なにより初期費用が要りません。

現金が一気に出て行かないので、運転資金に回すことができます。審査自体も簡略化されていて、気軽に申し込めます。しかしながら、中途解約ができないというデメリットがあります。固定金利になっているので、決められた年数の契約になっています。常に必要なものですが、一度契約すると長期的な支払になるということを頭に置いておく必要はあります。また、コピー機自体は自社にありますが、所有権は自社ではありません。期間が満了になれば、更新しない限りは回収されることになります。

支払総額に関しては、他のものでも同様ですが、現金購入よりは割高になります。なので、代金の内訳は十分確認する必要があります。中身が不明確なまま契約してしまうと、思わぬ高額になってしまう場合もあります。自社の運営状況にマッチすれば、便利なリースです。契約の中身をよく確認しながら検討してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *