コピー機リースのメリットとは

オフィスのコピー機や複合機お導入する際、購入するのではなくリース契約を行うと、いくかのメリットがあります。

上手に活用することで会社の経費も抑えることができるため、しっかり意識しておくことが大切です。まずメリットの一つは、初期費用0円で導入することが出来ることです。一度に多額の購入資金を準備する必要がないことは、会社の経営にとって大きなメリットと言えるでしょう。料を月々支払うだけで済むので、コピー機購入によって資金を固定化することを防ぎ、運用できる資金が増えることになります。

次に月々料金が経費で処理できるというメリットです。税務上認められた期間であれば、全額経費として処理することが出来ます。また、月額料金は固定されているため、ランニングコストを把握しやすくなります。購入とは違い、リースでは所有権がリース会社にあるため、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生せず、税金の面でもメリットがあります。

また、それに関する事務手続に煩わされることもありません。また、リース契約では対象となるコピー機や複合機を仕入れてもらうことになるため、中古品を使いまわされることなく、最新機器を導入することが出来ます。コピー機のリース契約は多くのメリットを持っています。検討する際は、会社の資金繰りがどうか、導入した場合、数年先まで使う予定があるかどうかなど、自身の会社の状態をよく把握した上で検討するのが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *