コピー機のリースとレンタルの違いについて

コピー機や複合機を導入しなければならないにも関わらず、コストの問題で購入が困難なケースでは、リースやレンタルに頼らざるを得ません。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。この点、前者は信用力のある法人のみが活用できること、初期費用がかからないこと、中途解約が原則としてできず、比較的長期間の契約(5年以上が基本)となることが特徴として挙げられます。一方で、後者は法人でも個人でも利用可能であること、レンタル料金は予め支払うことになるため初期費用は不可欠であること、そして、途中で解約でき、短期での利用にも適していることなどの特徴があります。

仮に法人でコピー機を導入する場合、どちらが有利なのかと言いますと、期間がどれくらいになるかで結果が異なってきます。一般的な判断基準の目安となるのは、コピー機の導入期間が3年を超えるのであればレンタルよりもリースの方がコストパフォーマンスが良いとされます。レンタルは料金が高めとなっており、一方で、リースは割安ではあるものの中途解約ができません。

概ね、3年間のレンタルコストが5年のリース契約と同等の料金となることが多いため、このような判断基準が目安とされています。近年ではコピー機の導入をさまざまな形態でサポートする会社が登場しています。よく見られるのが、リースとレンタル、そして中古機販売に取り組む会社です。こうした会社は、導入企業の事情や希望に合わせ、最もコストパフォーマンスが良い方法を提案する特徴があります。導入方法で悩んでいるのであれば、活用してみる価値は十分にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *