コピー機のリースが増えている理由

コピー機のリースを利用する企業が増えています。

従来は企業で設備を購入する場合、設備の償却は耐用年数により設定され、その期間に応じて税金を支払うことで自由に利用出来るメリットがありました。当時からリースやレンタルによる利用方法も存在していましたが、その場合には毎月料金を支払わなければならない上、消耗品などの費用は別途かかることになるため、割高になってしまうとして敬遠される傾向でした。しかし、近年では税制が大幅に改正され、様々な設備の耐用年数が見直され短縮されたことで税制上のメリットが無くなったことや、リースに様々な消耗品の提供などを組み合わせて提供するサービスなども増えている実態があります。

そのため、自社で購入するよりもコストが軽減されるメリットが多く、リースに切り替える所が増えています。コピー機の場合に最もコストがかかるのが消耗品の費用です。一般のプリンターでも本体は非常に安く、インクなどの消耗品で利益を上げているのがこれらのビジネスモデルとなっており、これはコピー機も変わりません。そのため自社で機械を購入すると、こうした消耗品の購入に費用が掛かりすぎる問題があります。

さらに企業の費目が消耗品となり、その費目の消費額が高額になってしまう問題もあるため、これらが全てサービスで提供される場合には費用面の負担が軽減されるメリットがあります。最近ではコピー機をリースするのではなく、コピー機を設置して利用した数量に見合った料金を請求するコピーサービスを受ける企業も増えています。印刷量の削減が叫ばれている現代では、使用料を減らすための方策として導入する所も増えているのが実態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *