オフィスでのコピー機のリース契約

オフィスにおいて通常の場合、コピー機はリース契約で対応をします。

購入した場合におけるランニングコストがかかりすぎることと、そのことに携わる人員の関係で、購入した場合には諸々の経費がかかりすぎるためです。購入した場合がよいのは、印刷枚数が少ないようなケースに限られています。一般的にコピー機は、そのオフィスにおける印刷物などもそこから排出されるようにします。リース契約時にそのことも含めた契約内容にするのが通例です。

内部の印刷物が多ければ多いほどその接続や設定やらに時間がかかりますし、そのための人員を割かなければいけないです。その後も色々なトラブルなども発生し、対応をその都度することを考えると購入するよりは業者に任せた方が無難と言えます。機種そのものの搬出入は、コピー機のリース契約を取り交わした業者がします。またイントラネットなどで接続されたパソコン類などからの印刷の状況も見極め、適切に配線が出来ているかも確認するものです。

また契約が終了するときには、全ての配線なども取り外し持ち帰ってもらえます。最初から最後まで全てを業者が対応してもらえるメリットは、コピー機のリース契約においては大きなものがあります。そのため最初に見積もりを依頼するときや説明を聞いたりするときには、どこまでが契約の範囲なのかを確認の上で取り決めるわけです。契約書の内容に盛り込むことで、後日のトラブル防止にもなってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *