失敗しないリースのコピー機選び

コピー機をリースする場合、値段から入ると失敗する可能性大です。

一覧で並んだコピー機を比較すると安いものに目が留まりますが、実際にリースする時にかかる費用はそれだけではありません。ランニングコストをしっかりと見極めないと、予想以上にお金がかかると後悔するかもしれません。実際に導入してからでないと分からない部分もありますが、日頃の使い方を見れば予想は立てられます。業者側で月々の料金をきちんと予想して費用を出してくれれば、安心して取り入れることが可能です。そもそもコピー機のリース料の違いは、印刷するスピードです。

速ければ当然高くなり、少し前の機種になるとスピードが落ちますので安くなります。毎月たくさんの印刷をするような会社では遅いと業務に支障をきたしてしまって契約した機種が誤りだったと感じる可能性があり、枚数によってはスピード重視で選ばなければなりません。逆にあまり印刷枚数が多くなければハイスペックの機種は必要なく、多少古いものでも十分です。後悔することが少ないのは、月々の印刷枚数から機種を選定する方法です。

いくつかのレベルに分けて考えて、自社ではどのレベルに含まれるのかを考えます。あとはメーカーによっても価格や性能が異なりますので、メーカー別で比較してより良いものを選ぶことも重要です。保守契約の有無についてもほとんどのケースではチェックしていますが、中には契約をした後に保守があまり行われないことに気付くケースもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *