コピー機のリース利用

コピー機のリース利用ですが、企業においては有力な手段の一つです。

借りるよりも買ったほうが結局は安く上がるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そこにはいろいろなからくりがあり、大企業から中小企業、さらにはベンチャー企業に至るまでコピー機のリース利用は広く行われています。確かに、支払うことになるお金の合計額を単純に比較した場合、買ったほうが借りるよりも安くて済むことが多いのは間違いありません。しかし企業の場合はそう単純な話でもなく、業務上の支出は経費として扱われ、そのために税金が安くなることまで合わせて考えなければなりません。

一括で購入した場合であってももちろん経費ではありますが、一度に多額の経費が発生してしまっては収益から経費として差し引ける分に限界が生じることもあります。単純に考えても、そのときの収益を超えるような経費が発生してはマイナスになってしまいますから差し引けるわけがありません。つまり、一度に大きな支出があるよりは、毎月分割して支出があるほうが経費処理しやすいわけです。

さらに資産となるかどうかの問題があります。これも端的に言えば、購入してしまっては自分の企業の資産となりますから、そこには税金がかけられることがあります。一方でコピー機リース利用の場合は自分の資産ではありませんから、機器そのものに税金がかけられることはありません。このようにいくつかの点を勘案すれば買うよりも借りるほうが良いということが多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *