コピー機リースはメリットが多い

コピー機をリースで導入するメリットは、料金が経費扱いできるという点や初期費用が掛からないという点でしょう。

また、減価償却や固定資産税が発生しないということも特筆すべきです。レンタルよりも毎月の支払い金額が安くなる傾向にあるため、企業ではリースが一般的です。ちなみに、レンタルの場合は企業のみではなく個人も借りることができますが、初期費用が掛かることを覚えておきましょう。レンタルは機種を選べないことがほとんどだということも知っておく必要があります。コピー機をリースした場合、所有権はリース会社にあります。

借りた企業の所有物にはなりませんので、借り手の都合で売約することや処分することは当然ながらできません。また、途中解約ができませんし、利用の際は審査が必要となります。コピー機を借りるときには保守契約に加入することが必須となっています。これは保証のようなもので、コピー機の定期的なメンテナンスやトラブルが発生したときに修理をしてくれるサービスです。

基本的に修理に掛かる費用が無料となり、迅速に対応してもらうことができます。一昔前までは、中古品でもいいからコピー機を購入したいという企業がありましたが、中古品はほとんど販売されていませんでした。手軽に購入できず、さらに保守契約などの取り決めもなかったので、新品を導入できるリースのメリットは大きいと判断され、ほとんどの企業で導入されるようになったという背景があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *