負担額を最小限にできるコピー機のリース契約の概要

会社運営や店舗運営を行っている際には、普通の家庭用プリンターではなく大型複合機を必要とすることも多々あります。

大型コピー機の場合はコピーや印刷以外でもスキャナやファックス機能も付けられていることになり、仕事をスムーズで快適なものにするには、やはり業務用のコピー機は欠かせません。購入に際しては、スピードが速く高画質を実現しているモデルは100万円を超える機種が沢山あります。この金額を支払うことや、ローンを組むことに問題が生じてしまうような場合は、購入ではなくリース契約で借りるという選択肢の方がメリットを感じることができます。

リースのメリットは月額費だけで利用でき、機種により違いはありますが、月額費で10、000円台から15、000円程度で負担額を済ませられます。どれだけお得なのかを考えた際には、人によって判断が異なる部分もありますが、15、000円で契約をした場合では年間で180、000円です。6年間を使うことを想定すると1080、000円になり、この時点でまだ新品を購入できる金額になりません。

通常では6年も経過すると型落ちになりますが、コピー機のリースでは6年契約を設けていることもあり、それ以降は新しい機種を同額で借りることも可能です。勿論ですが契約期間中に壊れてしまっても、修理や交換にて対応をしてもらえるので、大型コピー機を自社で購入して数年を使って壊れてしまうことと比較しても、かなりのお得感があります。負担額も安く済ませられ、経費で処理可能な範囲なので、リースにはメリットが沢山あることは明白です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *