コピー機の買取とリースの違いについての基礎知識

コピー機をオフィスに導入するにあたって、導入方法にはいくつかの方法があります。

一般的にイメージしやすいのは現金による買取ですが、それと同じかそれ以上に活用されているのがリース契約による導入です。一時的に必要となる資金が少なく済むと言う点も魅力の1つですが、それ以外にも大きな違いがいくつか存在しています。どちらを選択するのかについてはその違いについてしっかりと理解しておくことが必要であると言えるでしょう。まずコピー機を現金で購入する場合の所有権は自分自身、あるいは自分の会社となります。

しかしながらリース契約をするのであれば所有権を持つ事はありません。どちらも新品を導入することができますが、所有権の所在が違うと言う点が大きな違いとなります。リース契約の期間にもよりますが期間満了後は所有権がありませんので返却することになるのが一般的です。コピー機を現金で購入することにより、資産として持つことができるようになりますが、そこにメリットを感じるかどうかを1つの基準として考えるべきでしょう。

リース契約をする場合には消耗品の代金を含んで契約することも可能ですので、コスト面のメリットを大きく取ることができる場合もあります。この辺の仕組みについて詳しい理解をしていくことが非常に重要となります。一般的にどちらがお得になるのかについては答えを出すことが難しい問題です。それぞれの状況や使用頻度、用途によって変わってきますのでしっかりと考えて決める必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *