コピー機をリースした際のメリット

仕事場やイベント会場でよく使うコピー機は購入とリースのどちらで導入した方が良いでしょうか。

会社で使うコピー機は経費処理しますが、前者と後者では落とし方が変わります。後者の料金は全て損金にできます。このことは非常に大きなメリットです。前者の場合は減価償却の分のみです。リースのカウンター保守については、様々ですが、コピーをとる際に用いるトナーが無料になる代わりに1枚コピーをとるごとに料金が発生するというものが多いです。メンテナンスに関しては契約しだいです。事前にカウンター保守が付いているか確認してください。中途解約については基本的に不可です。

業者があなたの代わりに新品を買って貸与するといった形なので不可になるというわけです。レンタルでは中古ですが、リースでは新品になります。特記すべきことはまだあります。メンテナンス付きの契約なら色々な備品がセットで付いています。購入する場合は備品は別に買わなければなりません。

トータルで見るとリースの方が購入よりお得かもしれません。レンタルとリースの違いに関しては、前者は短期契約ですが、後者は長期です。イベントの1日だけ必要という場合は前者、何年か使いたいという場合は後者を選択しましょう。新品かつ最先端のコピー機を使いたいといった人も後者を選んでください。その業者は驚くほど高速でコピーすることができるもの、特殊プリントが可能なものなども貸与してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *