コピー機リースがメリットになる場合とは

ビジネスシーンにおける文章のデジタル化が進んだ現在でも、署名捺印を必要とする書類は使用されており、パソコンを必要としない情報伝達や情報共有の手段として紙媒体は使用されています。

そんな紙媒体による情報を使用する場面で重要になるのがコピー機です。パソコンで原版を用意できない書類の印刷や、そのままの状態を保管する必要のある契約書や写真などを素早く複写する場面において、効率的な作業を可能にしています。しかし、コピー機は高額な事務用品の1つであり、新品を購入した場合には課税対象の資産となり、減価償却の計算も必要となります。

安価なプリンターに複写機能が搭載されている場合も多い現在では、使用頻度の低い事業所においては所有しているだけで経費がかさんでしまう事務用品の1つともいえます。もし、使用頻度は低いながらも、年間を通じてコピー機による一定の印刷が行われている場合には、リースによる利用を検討しましょう。リース方式でコピー機を利用する場合、リース会社が依頼主に変わってコピー機を購入するため、借りる側が希望する機種の提供が受けられます。

一般的にリースは3年から5年の長い期間の契約となり、途中解約に違約金が生じる場合もありますが、購入するよりも経費が節減できる可能性があります。また、借りる側がメンテナンス会社との契約をして保守点検を依頼しなくてはならない場合もありますが、それらのサービスも含まれる契約が可能な場合もあるので、リース元を決める際にはアフターサービスも含めた検討をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *