コピー機のリース契約と費用

オフィスなどで使用するコピー機は、その機種本体を購入するよりはリース契約により対応をするのが一般的です。

購入する場合と比べて、毎月のランニングコストや手間暇が大きく違うためで、設置から撤去あるいは機種変更などを業者が一貫して行うことで、借りる側の負担は少なくて済みます。コピー機ではイントラネットによる接続で、複数台からのプリントアウトを行うような設定が出来るのはもはや当たり前と言って良いですが、その設定などもリース会社が行うのが通例です。借りる側は接続したい台数や場所などを事前に伝えることによって、業者に設定を任せることが出来ます。

結果、設置及び設定に関する対応まで業者に依頼することが出来、楽です。撤去の時や機種変更の場合でも、コピー機のリース会社に任せればスムーズに行きます。機種変更の時には特に撤去と設置とを確実に行う必要があり、その対応については迅速さ及び確実性が必須です。試しの印刷などのチェックまで行ってもらうことによって、正しく設定と接続がなされているかどうかを確認するわけです。

インターネットと接続が出来ていないあるいは接続をしないものでも、プリントアウトで一定以上の枚数を印刷する場合にはコピー機はリース契約を結びます。購入するよりはこちらの方が楽であるためですが、ネットに繋がなかったりあるいは限られた印刷しかしない場合には、あえて購入して購入者自身が自ら対応をすることもあり得ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *