中小企業の新しい資金調達手段として注目されているのがファクタリングです。企業が所有している売掛金債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、即時現金を手に入れることができます。売掛金債権には、取引先企業が倒産してしまうと債権が回収できないというリスクが存在しています。ファクタリング業者に売掛金債権を買い取ってもらうと、このリスクからも開放されます。

資金繰りが悪化していてすぐに現金がほしいというケース以外にも、リスクから逃れて確実にお金を手に入れたい場合にも利用できます。しかし、業者によっては償還請求権がついていることもあるので注意が必要です。償還請求権がついていると、取引先企業が倒産して売掛金が回収できなかったときに、ファクタリング業者から売掛金の金額を請求されてしまいます。償還請求権がついている場合には、取引先企業が倒産した場合のリスクを負い続けます。

しかし、償還請求権がついていることが必ずしもデメリットになるとは限りません。償還請求権がついている場合にはリスクが移動しないので、その分売掛金を高く買い取ってもらえる可能性が高いからです。倒産リスクがほとんどないような優良企業の場合には、償還請求権がついていたほうがメリットがあるケースもあります。償還請求権がついているかどうかは第一に検討しなければならない事柄です。

ファクタリングは、銀行融資に比べても手数料が割高になっています。銀行融資が受けられるならばそちらを先に検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です